2012年06月02日

固定IPアドレス

最近引越しをしました。

引越し先では、複数のパソコンを使うつもりだったので、ルータを使い接続情報はルータ側に設定をする事にしました。

新しい環境で、XPと7の2台のパソコンのうち、7のみがつながりません。

かなり悩んだあげくに、ネットワークの接続を見てみると、IPアドレスが自動取得ではなく、固定になっています。
ここを自動取得に変更すると、普通にインターネットが使える様になりました。


なんで固定にしたのかを考えてみると、引越し前の環境で2台のパソコンでファイル共有をしようとした時に、ウイルス対策ソフトが邪魔してお互いのパソコンを見れない事があったので、IPアドレスを固定し、固定したIPだけセキュリティを通す様にした記憶があります。
この事をすっかり忘れていたので、2時間位ロスしてしまいました。。

業者の接続テストで業者が持ってきたPCでつながったので、絶対使えるという認識が、ネットワーク接続を見るという基本的な事を忘れさせてしまった様に思えます。
私がまずやった事は、

・別のLANケーブルを用意する
・ノートPC(先につながったXP)を借りてきて試す
・ルータを経由しないで接続する(まずはXPで)

などです。

ちょっと反省ですね・・・
posted by ショートカットキー at 13:20| 日記

2012年04月07日

LANケーブルの修理キット

LANケーブルの爪が折れて使えなくなり、新しいものをたくさん購入していたので、LANケーブルの修理キットを購入しました

別売のコネクタは10個入りで500円位です

修理すらだけならコネクタだけで良いですが、新しいLANケーブルを作るならケーブルを買うと良いでしょう
たくさん作るなら300メートル、そうでないなら100メートルとかでも良いかと
状況に応じた長さのケーブルを作ることができるので便利です
posted by ショートカットキー at 14:06| 日記

2012年02月07日

「値の貼り付け」をショートカットキーで行う方法

コピー、貼り付けは「ctlr + C」 → 「ctlr + V」のショートカットキーを使ってるけど、エクセルでの値貼り付けの時だけ、セルを右クリック → 「形式を選択して貼り付け」 → 「値」を選択 → 「OK」とやっている人は多いのではないでしょうか?

基本的にマウスレスでやってる人にとってはとてももどかしい瞬間だと思います。


マウスを使わないやり方としては
「alt + E」 → 「S」 → 「V」 → 「Enter」
という手法もありますが、手順が多く省力作業とはとてもいえません。

そんな人にお勧めの方法があります!!


手順は以下の通りです。

1.メニューバー「表示」 → 「ツールバー」 → 「ユーザー設定」を選択する。

2.「コマンド」内の「値の貼り付け」をツールバーへドラッグアンドドロップする。

3.追加された「12」と書かれたボタンを右クリックする。
(ユーザー設定を開いたままの状態で)

4.「テキストのみ表示」を選択する

5.「値の貼り付け」と表示が切り替わり、値の貼り付けのショートカットキー「alt + P」 が使用可能となる。
(設定作業は初回のみ)


この方法を使えば、「値貼り付け」に限らず、色々なショートカットキーを設定していく事が可能です。

色々と研究してみてはいかがでしょうか?
posted by ショートカットキー at 20:59| EXCEL(エクセル)