2009年05月13日

「Shift」+方向キー

ワードやエクセル、メモ帳、などで文字を指定する時にマウスで選択したい文字をドラッグアンドドロップしている光景を良く目にします。

大した手間ではないですし簡単な手順なのでそうやってる人も多いかと思いますが、マウスを使う事で時間や労力をロスしているケースが多々あります。


たとえば

●マウスで最初に左クリックをした時に、誤って狙った文字の前後の文字でクリックしてしまう

●選択したい文章が長い時に押しっぱなしで下にスクロールさせると行きすぎてしまう時がある。

●選択したい文章が長い時は少し指が疲れる。

などが挙げられます。


それら回避する為に「Shift」+方向キーのショートカットキーは役立ちます。

手順としては

@方向キーで選択したい文章の先頭の文字の前にカーソルを合わせる。

A「Shift」を押しながら「→」キーを押す。複数行にまたがる場合は「↓」キーを押す。

B行き過ぎた場合は「←」、「↑」を押して位置を調節する。

この様にして文字列を選択したら、どうせならコピー、切り取りもマウスで右クリックではなくコピー:「Ctrl」+「C」、切り取り「Ctrl」+「X」ですると更に良いですね。
posted by ショートカットキー at 18:18| ショートカットキー